11月9日(木)


1811

 

日経平均26年ぶり2万3300円台450円高の急反発だが

9日午前、東京株式市場で日経平均株価が急反発し、取引時間中として1992年1月以来ほぼ25年10カ月ぶりに2万3300円台に乗せた。世界的な株高傾向や好調な企業業績を評価した買いが継続し、上げ幅は前日比450円を超えた。
午前の終値は454円34銭高の2万3368円16銭だが午後は当面の利益を確保する売りが急増し、終値は45円11銭安の2万2868円71銭と続落した。

“11月9日(木)” の続きを読む